まちと政治にハートのネットワークを !!

ばら
ハートマーク
背景色
習志野市議会議員
小川りえ子
習志野市議会議員 小川りえ子
「輝く未来」へ教育・子育て支援の充実
「輝く未来」へ教育・子育て支援の充実
「輝く未来」へ教育・子育て支援の充実

議員活動

小川りえ子の議員活動をご紹介します。


(写真をクリックすると拡大表示されます)


表示対象年をご選択ください。⇒


「新型コロナウイルス感染症『新しい生活様式』の対応と地域の活性化」に関する緊急要望を宮本泰介市長に提出

2020年 7月 8日


「新型コロナウイルス感染症『新しい生活様式』の対応と地域の活性化」に関する緊急要望を宮本泰介市長に提出

習志野市議会公明党は7月8日、宮本泰介市長に面会し、「新型コロナウイルス感染症『新しい生活様式』の対応と地域の活性化」に関する緊急要望を、5分野26項目にまとめ、提出しました。

 国会では、コロナ禍によって急速に深刻化する国民生活への打撃に迅速に対処するため、第1次の補正予算に続き、6月12日に第2次の補正予算が成立。

 本市においては、第1次補正予算の「地方創生臨時交付金」を活用し、これまでに、市独自の支援策である「地元のちから復活応援事業」や「障害福祉サービス事業所・介護サービス事業者支援事業」等の助成を実施。

 この度の第2次補正予算でも、地域の実情に応じて「家賃支援」を含む「事業継続」や「雇用維持」等への対応を、後押しするとともに、『新しい生活様式』等への対応分については、地域の社会経済構造そのものを、将来の感染症リスクに対して、強靭なものへと改革するという観点から、「地方創生臨時交付金」が拡充されました。

 この2次補正については、本市においても、前回以上の限度額が示されています。

 そのような事を考慮し、コロナ禍だからこそ、本市が掲げる将来都市像『未来のために~みんなが やさしさでで つながるまち 習志野』の実現に向けた取り組みが、より一層求められます。

 宮本市長からは『全力を尽くす!』との大変前向きな力強い決意を頂きました!!

 今、コロナ禍の下で、市民生活全般に深刻な影響が及んでいます。

 公明党習志野市議会は、市民の皆さまの不安を払拭し、安心して暮らせるよう、今後とも、皆さまの『小さな声』に耳を傾け、心に寄り添いながら尽力してまいります。

ご意見・ご要望等、お気軽にご連絡ください。


2019年度→